• このエントリーをはてなブックマークに追加

マンションの間取りと写真の撮り方が重要!

マンション経営の大変さ

近年では、不動産投資に注目が集まっています。昔は投資といえば危険という印象が強く、素人は手を出すべきでない、やったら必ず失敗するとも言われてきました。しかし、長引く不況の影響もあり、私たちを取り巻く金融環境は決して良くありません。年金もきちんと受給できるかという不安がありますし、受給できても年金だけで生活できる状況にはありませんから老後のための蓄えが必要です。 しかし、不況の影響もあり、収入が思うように得られない人はとても多いです。正規雇用で雇い入れてもらえている人も減っていますし、平均給与も低い状況が続いています。そのため、毎月の収入では思うように貯金ができない人も多いです。そこで、今ある資産を有効活用して利益を得ようと、資産運用をしている人が増えています。 資産運用といえば株やFX、先物取引といったものが有名です。これらは少額での投資もできるということ、近年ではインターネットの普及で、いつでもできて手数料も少なく取引できるということで利用者が増えています。これらの取引はリターンが多いということで知られていますが、リスクもとても高い取引です。そのため、リスクを敬遠するためにも、リスクが低い取引として注目されているのがマンション経営などの不動産投資です。 マンション経営は安定的な収入が得られ、なおかつ生命保険の代わりにもなります。家族にも相続することができますし、堅実な資産運用として注目が集まっています。しかしながら、初期投資の金額も大きいですし、絶対リスクが無いわけではないのでしっかりと考えて投資をすることが重要です。そこで、物件写真の準備や間取りの検討、魅力的な写真の撮り方など、よく勉強して投資する物件を決める必要があります。

間取りと写真

投資する物件を選ぶ際にはいろいろな確認ポイントがあります。入居者が見つからなければ利益が得られないので、常に空室ができないような物件を選ぶことが重要です。そのためには魅力的なマンションを選んで投資をすることが望まれます。 入居者が集まる物件というのはどういったものでしょうか。人によって物件選びの基準は様々です。安いこと、駅から近いこと、防犯・災害対策がきちんとしていること、新築なことなど様々なものがあり、人によって優先順位も違います。しかし、多くの人にとって優先順位の上位に上がるのが住みやすさです。 どれだけ駅に近くても、生活しにくい環境では選ばれません。駅から近くても老朽化が進んでいる物件や狭い物件、生活しにくい間取りでは生活がしにくくて選ばれないでしょう。家は日々の疲れをいやす場所であり、リラックスをしたい場所です。そのため過ごしやすい環境でなければ選ばれません。そこで、重要になってくるのが内装と間取りであり、それを判断するための写真です。 多くの人が最終的には内見をして物件を決めますが、その前に写真や間取り図を見て興味のある物件を選んでいきます。内見に来てもらうためには、アイキャッチとして興味関心を持ってもらわなければなりません。ですから、ホームページや不動産屋に掲出している写真と間取り図が重要になるのです。そこで、入居者が集まりやすい間取りはどういうものか、若い人はどういった家に住みたいのかを考えて家を探すことが、入居者が常にいる安定した収入を得られる物件選びには大切になってきます。そのため写真の撮り方も考える必要があります。

困ったらプロに相談

不動産投資というのは簡単なものではありません。物件も高額ですし、今の資産をすべてつぎ込み、なおかつローンを背負うという人も少なくありません。そのような状態で投資をしますから、失敗をしたら全財産を失う可能性もあります。そのため、投資をするにあたっては、必ず成功する物件を選びたいものです。 そこで、自分で簡単に投資する物件を決めるのではなくプロの意見をきちんと聞いたうえで判断することが重要です。購入前にはマンションの間取りや費用など幅広くチェックする必要がありますが、素人はどうしてもチェックするべきポイントが限られていますし、偏っていることも多いです。何よりも長期的な運用計画をシミュレーションすることができません。それに対して、プロはたくさんの物件を提案してコンサルティングしてきた実績があり、物件選びも多角的な判断から提案してくれるので信頼して任せられます。 ただ物件を紹介するだけでなく、コストマネジメントや仲介業者の紹介、広告写真の作成と写真の撮り方などのノウハウを持っているコンサルタントも多くいます。こういった物件選びもコンサルタント選びも、不動産投資が成功するためにとても重要です。投資が続く限り長く付き合っていくことになる相手だからこそ、信頼して任せられる人を探すようにしましょう。 不動産投資で失敗しないためには、不動産選びだけでなくコンサルタント選びもとても重要になってきます。物件だけでなくコンサルタント業者の人たちの対応や、サービス内容についてもしっかりと見極めて依頼する業者を選ぶことがポイントです。コンサルタントとの相性は、投資の成功を決める重要な要素でもあります。

ピックアップ記事

投資目的で購入したマンションの緊急対応について

投資目的のマンションでの緊急対応について個人投資家として賃貸マンションなどのオーナーとなった場合に、自分でそのような物件に住むことはないことが多いです。ほとんどの方が少し離れた場所で全く違う生活環境や...

マンション経営にあたって修繕・リノベーションは重要

長期的な経営に修繕は不可欠マンションというと大半の建物が鉄筋コンクリートなどで作られています。このため見た目頑丈なので、お手入れなどあまりしなくてもいいのではないかと思っている人もいるでしょう。しかし...

マンション投資は入居率を上げることが重要

空室を避けるは物件の立地が重要ほとんどの人にとっては、投資用物件は高額な買い物となるために、物件を購入した段階で一息ついてしまいますが、マンション投資を成功させるには、購入した物件の入居率を上げことが...

マンションの間取りと写真の撮り方が重要!

マンション経営の大変さ近年では、不動産投資に注目が集まっています。昔は投資といえば危険という印象が強く、素人は手を出すべきでない、やったら必ず失敗するとも言われてきました。しかし、長引く不況の影響もあ...

横浜での不動産売買にかかる期間はどのくらい?

横浜で不動産売買をするとき、どのくらいの期間がかかるのかということを気にする人がいます。じっくりと時間をかけてでも希望の金額で売りたいという人もいれば、短期間で売ってしまいたいと考える人もいて、さまざ...

人気の横浜エリアの不動産売買、いくらで売れるのか

神奈川県の中でも横浜市は住まいの場所としても人気が高いエリアです。人気が集まる事からも、住宅の供給率は高くなっており、新築マンションや新築分譲住宅などの新築物件、中古マンションや中古一戸建て、土地物件...

横浜の不動産売買は企業の評判も考慮しよう

横浜市は神奈川県の中でも人口が最も多く、人気が高いエリアです。マイホーム探しをする人などは物件の数も豊富にあるので選択肢が広がりますし、マイホームを売却する人などの場合も、需要が高いエリアなどの理由か...