• このエントリーをはてなブックマークに追加

投資目的で購入したマンションの緊急対応について

投資目的のマンションでの緊急対応について

個人投資家として賃貸マンションなどのオーナーとなった場合に、自分でそのような物件に住むことはないことが多いです。ほとんどの方が少し離れた場所で全く違う生活環境や本業の仕事をしながら過ごしているのではないでしょうか。 そのようなオーナーの方は、所有するマンションに何かアクシデントが生じた場合にどのような対処ができるのか、事前に確認しておくことが大切です。賃貸マンションでは、部屋のカギが開かない、カギを失くしてしまった、エレベーターが故障した、粗大ゴミが勝手に集合玄関前に置かれているなど、さまざまなトラブルが発生して、都度、管理者として呼び出されたりと、対応に追われることも多いです。また、初期の段階で適切な処置が求められることから、何かあったらどうすればいいのか分からないこともあります。自分はあくまでもサイドビジネスとしての経営だから、問題発生の際には現場に向かうこともできないし、対処している暇なんて一切ないと頭を抱えている方もいるでしょう。 そのため、やはり緊急対応まで行ってくれる、体制が整っている不動産会社と契約を交わすべきでしょう。これから投資物件を探すのであれば、それらの情報提供から、建物を管理することまでトータルで面倒を見てくれる会社を選ぶことがおすすめです。そうすれば、資産運用のことや、それを有効活用するためにどうすればいいのかなど、全面的に相談にのってもらうことができ、快適な住まい作りなどの提案も行ってくれるので、はじめての投資物件でも安心して行うことができます。

緊急対応が可能な不動産会社からマンションを買おう

投資物件を購入するには、その後の面倒も見てくれて、何かあればオーナーにかわって駆け付けてくれるような不動産会社と手を結ぶことが大切です。特に、もしもマンションの敷地内で問題が発生した場合に緊急対応ができるかどうかは重要なポイントだといえます。そのようなところであれば、何かあるたびにオーナー自身が出向く必要がありません。加えて、セキュリティ対策も任せることが可能なので、安全面の確保から、問題発生時の対処、すべての行動に対するまで、安心感を与えてくれる対応ができる不動産会社と契約することがとても重要でしょう。 賃貸物件では、水や電気・ガスのトラブルまで24時間いつでも頻繁に起こるものです。これらの問題はライフラインが遮断されたことに繋がります。例えばエレベーターが故障すれば、マンションの高層階に住んでいる方たちは階段を利用して自宅に戻らなければいけません。高齢者であれば、心臓への負担を抑えるためにエレベーターが再開するまでの時間をどこか別の場所で待機しなければいけません。大なり小なり、生活に多大な障害を与えてしまうことになるので、気が気ではないはずです。 しかし、管理会社との連係プレーを行えば、24時間365日いつでもコールセンターと直結することができるという点が大きなポイントである言えます。緊急コールとも呼べるボタンを押すことで、その現場にピッタリの警備会社や、エレベーターなどの専門技術者に出動してもらうことができるサービスを行っているところもあるので、安全面の管理能力を問われる必要もなくなるはずです。

マンションでの緊急対応時の処理

賃貸マンションの経営者として、緊急連絡をする場所の確保が必然的だと言えるでしょう。マンションでは家の中だけに起こりうる故障内容もあれば、駐車場の機械異常、水漏れ、火災報知器が鳴っている、ガス漏れなど数多くのトラブルが起こります。そのような場合でも、すぐに対処してくれる管理会社に任せることができるのであれば、緊急対応時でも冷静に対処することができます。 そのような会社では、遠隔監視を行ったり、電話受付などで対応してくれるなどのサービスが考えられます。それらが緊急対応の部署に届き、責任者に報告が伝わるのです。緊急対応した場合には、すべてのデータは保管されています。データベース化されたことで、問題発生の情報や面談で話をした内容まで、すべてにおいて業務拡大をすることができるので、緊急対応という面からも安心・安全です。 このようなサービスは、入居者にとってはホームセキュリティサービスとも言われているのです。例えば侵入監視では、空き巣や泥棒の侵入をモニターでチェックをして、すぐに緊急対応を迫られると考えられているのです。火災監視においては、キッチンをはじめとした住まい全体の火災発生を未然に防ぐことができます。敷地内などが完全なバリアフリーのことが多くなっていますが、高齢者の安全確保のためになくてはならないものですが、トイレやお風呂場にある緊急通報ボタンは、入浴中に気分が悪くなれば、ボタン一つでスムーズな対応を求められることになります。 このように、投資目的で購入したとしても、何か発生時の緊急対応のことも十分に考えておくことが大切です。

ピックアップ記事

投資目的で購入したマンションの緊急対応について

投資目的のマンションでの緊急対応について個人投資家として賃貸マンションなどのオーナーとなった場合に、自分でそのような物件に住むことはないことが多いです。ほとんどの方が少し離れた場所で全く違う生活環境や...

マンション経営にあたって修繕・リノベーションは重要

長期的な経営に修繕は不可欠マンションというと大半の建物が鉄筋コンクリートなどで作られています。このため見た目頑丈なので、お手入れなどあまりしなくてもいいのではないかと思っている人もいるでしょう。しかし...

マンション投資は入居率を上げることが重要

空室を避けるは物件の立地が重要ほとんどの人にとっては、投資用物件は高額な買い物となるために、物件を購入した段階で一息ついてしまいますが、マンション投資を成功させるには、購入した物件の入居率を上げことが...

マンションの間取りと写真の撮り方が重要!

マンション経営の大変さ近年では、不動産投資に注目が集まっています。昔は投資といえば危険という印象が強く、素人は手を出すべきでない、やったら必ず失敗するとも言われてきました。しかし、長引く不況の影響もあ...

横浜での不動産売買にかかる期間はどのくらい?

横浜で不動産売買をするとき、どのくらいの期間がかかるのかということを気にする人がいます。じっくりと時間をかけてでも希望の金額で売りたいという人もいれば、短期間で売ってしまいたいと考える人もいて、さまざ...

人気の横浜エリアの不動産売買、いくらで売れるのか

神奈川県の中でも横浜市は住まいの場所としても人気が高いエリアです。人気が集まる事からも、住宅の供給率は高くなっており、新築マンションや新築分譲住宅などの新築物件、中古マンションや中古一戸建て、土地物件...

横浜の不動産売買は企業の評判も考慮しよう

横浜市は神奈川県の中でも人口が最も多く、人気が高いエリアです。マイホーム探しをする人などは物件の数も豊富にあるので選択肢が広がりますし、マイホームを売却する人などの場合も、需要が高いエリアなどの理由か...