• このエントリーをはてなブックマークに追加

不動産投資への不安とマンション投資のメリット、選び方

不動産投資への不安

長引く不況から私たちを取り巻く経済状況は決して良いものではありません。終身雇用制も崩壊してしまいました。昔は就職したら定年退職をするまで同じ会社に働き続けることが当然でしたが、今では退職するまで同じ会社が存続するとは限りません。働いている途中で会社が無くなってしまうこともありますし、リストラをされるということもあります。働き続けることができたとしても思うように給与がもらえないということもあり、毎月の生活で精いっぱいで貯金まで余裕がないという人も少なくありません。 年金問題もあり、自分たちが老後に生活するためのお金はしっかりと蓄えておかなければならないということも言われています。そうすると貯金をしておくためにもできるだけ日々の生活でお金をためておく必要があり、そのために最近では資産運用が注目されています。 資産運用をするというのは、かなりのお金が動くため不安があるものです。しかし、金融機関にお金を預けているだけではほとんど増えないものも上手に資産運用をすることによって少しずつ増やすことができるようにもなっていく可能性があります。そこで、最近では将来のためにも資産運用をすることを検討する人が増えており、昔よりも挑戦しやすい傾向が出てきています。 しかし、お金を動かすことに不安がある方はたくさんいます。元本保証がされていないものがほとんどですから、失敗をすれば手元にお金は残りません。そこで慎重に考えて行うべきですし、できるだけリスクの少ないものを選ぶことが大切です。そこで注目されているのがマンションなどの不動産投資です。実は不動産投資はミドルリスク・ミドルリターンと言われており、最近では投資を行っている人も増加する傾向にあります。

不動産投資のメリット

不動産投資は一度投資をすると長く利益を得ることができます。不労所得と言われる働かなくても収入を得ることができる環境が整うので、退職をしてからも収入を得ることができます。特にここ数年で格段に年金への不安が高まっています。年金だけでは生活できず多くの人が貯金を切り崩して生活をしていますが、投資による利益があれば、毎月固定の収入が得られます。 次に生命保険の代わりにもなります。投資用のローンを組んでマンションなどの不動産を購入して投資をする場合、団体信用生命保険に加入することが必要です。これに加入しておくと契約者に万が一のことがあった場合、ローンの支払いが免除されますが不動産は手元に残ります。そのため、ローンがなくなった状態で不動産から家賃収入が得られるので遺族年金の役割も果たしてくれます。 物価が上昇した時のインフレ対策としても効果的です。物価の上昇によって不動産も価値が変動します。お金の価値が下がったとしても不動産の価値は下がりません。そのため値崩れをしにくいです。こういった点から、ほかの投資に比べてもリスクが低いと言われてます。 最近では相続税の対策としても有効として活用されています。現金をそのまま保有するのではなく、遺産相続で得た現金を使って不動産投資を始めると相続税が大幅に抑えられます。このようにメリットがたくさんあるものですが、比較的リスクが少なくメリットが多いということで、安心してすぐに投資を始めるのは危険です。きちんと長く利益がでる不動産を選んで投資をしていかなければ、失敗する可能性もあることを理解しておきましょう。

マンションの選び方

不動産投資の中でもマンション投資は特に利回りがよく利益を得やすいということが言われています。投資や資産運用と聞くと多くの人は株やFXをイメージし、不動産はリスクが高いという不安がもたれることが多いです。しかしマンション投資は利回りが高いものもあるので期待できます。ただし、物件によっては利益が出せないこともあります。そこでしっかりと利益を出すためには物件選びが重要です。特にマンションの場合にはきちんと入居者が入らなければ利益が出せません。空室が出るような物件では利益が出せずむしろ赤字となってしまいます。 特に古い物件は注意が必要です。耐震基準が変わっており、古い基準に基づいて作られている物件の場合には購入してから自分で耐震補強のための工事をしなければならないですし、物件にダメージが出れば利益の中から補修費用を工面しなければなりません。もちろん、強度が高く安心できる物件でも古ければ人気が出ないので、空室が出ないようにすることや、長く入居してもらうことを考えたら、古い物件はリフォームする必要があることもあります。 このように購入して所持すればどのようなマンションでも利益が出るわけではありません。きちんと利益が出せる物件を選んで購入すること、購入後もあまりメンテナンス費用が必要ないことや、マンション収入の中から捻出できる範囲で補修ができる物件であることが重要なのです。素人ではそのような物件を見つけ出すことはなかなか難しいので、プロに相談しながら物件を見つけ出すことが望ましいです。

ピックアップ記事

投資目的で購入したマンションの緊急対応について

投資目的のマンションでの緊急対応について個人投資家として賃貸マンションなどのオーナーとなった場合に、自分でそのような物件に住むことはないことが多いです。ほとんどの方が少し離れた場所で全く違う生活環境や...

マンション経営にあたって修繕・リノベーションは重要

長期的な経営に修繕は不可欠マンションというと大半の建物が鉄筋コンクリートなどで作られています。このため見た目頑丈なので、お手入れなどあまりしなくてもいいのではないかと思っている人もいるでしょう。しかし...

マンション投資は入居率を上げることが重要

空室を避けるは物件の立地が重要ほとんどの人にとっては、投資用物件は高額な買い物となるために、物件を購入した段階で一息ついてしまいますが、マンション投資を成功させるには、購入した物件の入居率を上げことが...

マンションの間取りと写真の撮り方が重要!

マンション経営の大変さ近年では、不動産投資に注目が集まっています。昔は投資といえば危険という印象が強く、素人は手を出すべきでない、やったら必ず失敗するとも言われてきました。しかし、長引く不況の影響もあ...

横浜での不動産売買にかかる期間はどのくらい?

横浜で不動産売買をするとき、どのくらいの期間がかかるのかということを気にする人がいます。じっくりと時間をかけてでも希望の金額で売りたいという人もいれば、短期間で売ってしまいたいと考える人もいて、さまざ...

人気の横浜エリアの不動産売買、いくらで売れるのか

神奈川県の中でも横浜市は住まいの場所としても人気が高いエリアです。人気が集まる事からも、住宅の供給率は高くなっており、新築マンションや新築分譲住宅などの新築物件、中古マンションや中古一戸建て、土地物件...

横浜の不動産売買は企業の評判も考慮しよう

横浜市は神奈川県の中でも人口が最も多く、人気が高いエリアです。マイホーム探しをする人などは物件の数も豊富にあるので選択肢が広がりますし、マイホームを売却する人などの場合も、需要が高いエリアなどの理由か...